2014年3月3日月曜日

未来のDJシステム?

モーションキャプチャツールのLeap MotionをつかってDJエフェクタを作ってみました。

Leap Motionとは、指や腕のジェスチャを認識してくれるガジェットで
次期Androidに搭載されるかもなんて噂が出ているアイテムです。

C、JAVA,Javascriptなど汎用言語でコントロールすることが出来るので、
アイディア次第でかなりいろいろなことが出来るのが魅力です。

今回はLeap Motionからのキャプチャ情報をJavascriptでコントロールしながら、
Web Audio APIというものを使ってサウンドをコントロールしています。

右へ行くと、低い音がカットされ(ハイパス)、左へ行くと高い音がカットされて(ローパス)、
上へ行くと、ディレイがかかります。

これ自体は、ブラウザ上で動くアプリケーションなので、
インターネット回線が有る環境であれば、どこでも出来るのですよね。

未来のDJはこんな風にクラウド化されちゃうのでしょうか。
Spotifyとかの音源と組み合わせれば、もう音源をもっていく必要も無い、みたいな。

(画面デザインは 藍 圭介氏。元曲ミックスはSiZK氏)

1 件のコメント: